スパルタスビジネススクール

ABOUT Our BUSINESS Course

スパルタス ビジネススクールとは

スパルタスビジネススクールでは、将来、仕事の場で活躍することを希望する高校生、あるいは、将来、ご自身の事業を起業することを目標とされる高校生向けに、高校生から始めるビジネス講習を執り行っております。

ビジネスサークルでは、実務コースでは、実践的なビジネスの基礎から学びます。例を挙げれば、戦略の立て方、ビジネスモデルのケーススタディなどを扱い、ビジネスにおける戦略を学びます。

チームビルディングサークルでは、グループマネジメント、実際的な事業創りを通して、ビジネスに不可欠な協調性を学びます。

当ビジネススクールは、採用倍率数十倍の大手上場企業やベンチャー企業の事業立案型のインターシップを数十社分析し、どのような人材が大手に求められているのかを把握しております。

このような企業に“欲しい!”と言わせる人材に育て上げるために、そこまでの成長過程を、弊社の実践的な課題プロジェクトを通して、身体に染み込ませることのできるプログラムを整備しております。

東京の一流企業や、優れたベンチャー企業に採用されるのはもとより、それらの企業で活躍できるビジネスノウハウを、高校生のうちに身につけることは極めて重要です。

なぜなら、歳を重ねるたびに、他者に差をつける競争優位性が減って行くからです。

​しかしながら、高校生の段階で

スクールの目的

別視点で物事を見るチカラ

問題を見つけるアンテナ

チームとしての協調性

アイディアの導き方

 
 

学術ではなく、実践を学ぶ

​各レッスンは、実社会で役立たないような学術知識は最大限省いているつもりです。

例えば、大学で経済原論や政治で習えることは、ほとんどが即時に利用できるものではありません。

例えば、政治と言っても必ずしも現代政治のテーマを議題に挙げて、より良い政治を考えましょう!というより、

マキャベリやカント中世の政治哲学を参照し、合理性を追求したり、その考え方が、他の政治哲学者と

どのように相違しているかなど、現代のビジネスにはなかなか生かす(スティーブジョブズ風に言うなれば、ドットとドット

を結ぶ)ことが極めて難しく即効性のないものが多いことがあります。

というのも、大学で教えていることは、もっぱら知識の谷に身を投げて、多くの智に触れたり、

その大元の原理を探るといったようなことを目指しており(あくまで体験した狭い範囲から申し上げますが)、

実践に基づかず、極めて学術的であり、実社会ではその多くを武器にすることは到底不可能だからです。

スタートするには
無料体験指導を受講する必要があります