スパルタスのユニークな課題図書とは・・・


スパルタス高校部の上級コースの新たな課題図書は・・・

『Outliers』(アウトライアーズ)!!!



もちろん全てが英語で書かれてます!笑 

しかも分厚い!!笑笑 

もう笑うしかない!!!笑笑笑

outlierとは、日本語で『外れ値』という意味で、血糖値が異常に高かったりした時に使ったりもしますね!



その意味から、異常な数値→常識では測れない数値→天才 という意味に転化して行きます!

この方は、数多くいる天才を例に取り上げて、彼らにある共通点を分析していく筋で進められ、成功する人々の共通点を10代から身につけてもらうために選びました!


これもスパルタスの人材教育の1つですね!


みんなヒーヒー言っていますが、もちろん気にしません!⭐️


というか、スパルタスの生徒さんが、周りの人たちから秀でているのは、困難(この場合は、outliersという課題図書)が与えられても、


「できない」「無理」「またかよ、、」


などと文句を言う生徒さんが1人もいないことですね。


逆に彼らはこう考えます。

「この困難に対処するためにはどうすればいいのだろう」と自分の頭を使って問題解決しようとします。



いちいち悩んで前に進まない人より、できないならできないなりにどうやったら解決できるか考える人の方が「できる人材」になるに決まってますよね😌



スパルタスは厳しい環境だと、みんなが当たり前のように捉えてるからこそ、彼らがもともと持っている才能が開花されるのですね^^




9回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月ベネッセ高2模試 速報 控えめに見ても調子良い😼

先日、10月実施の高2ベネッセ模試が実施されました! まだ全員分を集計できていないのですが、 今回もサプライズが多く、特に良かったのは、英語で、前回57(全国平均少し上)あたりの偏差値(成績)を取った生徒さんたちは1人も例外なく64(北大等、旧帝国大学合格可能レベル)を超える好成績を残しました。 前回の7月実施の高2の成績が正直そこまで評価できるものではなく、そこから修正を加え、準備できた結果だと

高2ベネッセ模試の速報で波乱

まだ全員分は集めきれていませんが、、、 高2のベネッセ模試が返って来たので、報告します^^ 今回は英語で、一番下のクラスが上のクラスの生徒さんたちを抜いて偏差値70近く(北大余裕レベル)で、1位になるという出来事があり、驚きました!(◎_◎;) 全体成績で言うと、難関大の最低限のレベルである偏差値60前後あたりまで持って行く生徒さんが5割超を占めていて、だいぶ成績が伸びてるな〜という印象です☆ た