中堅私立大学に気をつけよ!!


中堅私立大学含む、有名大学への進学がさらに狭き門になっています⚠



私立大学は、受験者がある一定の有名大学に集中する傾向があります。


実は、国の政策で、私立大学は、有名大学への志願者の集中による、その他大学へ学生が流れずに私立大学が破綻しないように、政府が有名大学への募集定員を減らす政策が始まっています。


不動のトップである慶應、早稲田はもとより


特に人気が高いのがGMARCH・関関同立と呼ばれる大学群です。


なぜ人気なのかと言うと、入試難易度は高い水準を保持していながらも、早慶の上位学部まで極めるまで勉強していなくとも合格でき、なおかつ就職活動で有利になる良いポジションを取れるからです。


GMARCHの中でも難易度はかなり差があります。

例えば、明治大、立教大、中央の法学部、法政のGIS(グローバル教養学部)、青山学院の国際政治経済学部や、

関関同立で言えば、立命館、同志社、関西学院の上位学部は早慶の下位学部に匹敵する難易度を誇ります。


また、その下に中堅私立という大学群があります。


それが関東で、日東駒専・関西で産近甲龍です。


この中でも特に人気の高い日本大学、近畿大学は毎年、莫大な数の受験生が集まります。




さて、

募集定員を下げるとどのようなことが起こるでしょう?




GMARCH・関関同立の合格者の多くは、早慶落ちの滑り止め受験生です。


すると、


早慶の募集定員が少なくなる

=不合格者数が増える

=下の大学にギリ落ち組が流れてくる


ちなみにギリ落ち組と言っても学力はとても高いので、1つ下の大学には、事故しなければまず合格します。

ですので、一つ下の大学の合格者数を食ってしまいます。



これが早慶だけでなく、GMARCHや日東駒専、関関同立、産近甲龍の募集定員も少なくなっているので、同じサイクルが起こり、日東駒専・産近甲龍の受験生は、今年も本当に厳しいイスの争奪戦になることが見込まれます。



まとめると、難易度は例年とは変わらなくとも、募集定員が減るということは、それだけ中堅大学に流れ合格する人が増え、流れ先の大学を第一志望にしている受験生の合格が阻害されます。



これは模試判定にも顕著に表れています。


模試判定で、例年では、日東駒専レベルでB判定を取っていた受験生たちが、C判定になってしまうなど、中堅の有名大学が特に狭き門になってきています。



実際、去年、例年は合格したであろう学生が滑って下の大学にズルズル下がってしまい、結果、浪人してしまうという事態が顕著に起こりました。



少子化が進んでも、人気大学の序列は変わらないので、ますます狭き門になってきています。



しかし、心配には及びません。

このような状況下でも、有名大学の中でも、“穴場学部”が存在します。

このような穴場学部の特徴を熟知しております。

ここはテクニックを教え、適切な方向性で鍛え方を教えれば、誰でも難関大学を狙えるのです。


また、

単純に言えば、早慶レベルに仕上げれば良いとも考えられます。



コツは、馬のように、むさぼるように、かじりつくように勉強すると伝えています。



生徒さんがこの感覚を徐々に掴み、学校内で勉強の問題の出し合いをしたりなど、周囲を巻き込めば、語弊はありますが、意識の低い人が減り、相乗効果になるメリットがあります。このことを毎週のミーティングで伝えています。これを身につければ、合格可能性は大いに期待できます。


受験は周りの環境も大事ですよ^^


0回の閲覧