大抵の受験生は模試で勝手に自爆してくれる件((((;゚Д゚)))))))


こんにちは^^

昨日はお休みながら、高2の模試が近いということで英語の対策をしました!


当初1時間半の予定が熱が入って長引いたことなんと3時間!(◎_◎;)


でもでも、かなり濃い理解ができたのではないかなと♫


受験スパルタスの英語では、「熟語は極力教えない」「小手先テクニックは教えない」というプライドを持ってやっています☆

なぜかっていうと、熟語を教えるとそれを暗記するだけで、頭を使わずに「こう来たらこれ」などと自動的にロボット回答するからです😱


これでは、ひっかけに気づかずに足をすくわれてしまうからです。

勉強時間が長いのに成績が上がらない大半の受験生の多くはこのパターンにも引っかかります(⌒-⌒; )



全ての模試にはひっかけ=トラップ(罠)がところどころにあって、大抵の受験生はそこで自爆してくれます。










ですが、当社は違います。

「このパターンは先生(私)なら第一にここに注目するよ。あるはずの何が抜けてることに気づく?」

→答えをあえて教えないで生徒に頭使わせて推測させることで自分自身で見つけさせ、自分で解を導かせる

→「注意して見たら、文法的にあるはずのものが抜けてることに気づくでしょ。本番ではここに注目してみ。周りの受験生は綺麗に(罠に)ハマってるから、ここで差つけられるよ」


当社では、あらゆるひっかけに「ハマらない」で、全てのひっかけで点を荒稼ぎする方法を全て教えます😏


それを知り、理解した当社の生徒たちは、

「なんでこんなにわかりやすい落とし穴にハマるんだろう〜」と逆にニヤけてしまいますよね😋



それと本番で時間かけて良い問題や、5秒しかかけてはいけない問題なども時間配分まで全て教えるので、よくある「時間なくて解き終わらなかった〜」のお疲れ様現象はレベルにもよりますが、大抵半年で勝ち組に変わっていってる印象です🌟




さてさて話は変わりますけども!


受験スパルタスが全社的に重きを置いている1つが、「原理原則」の指導です_φ( ̄ー ̄ )




みなさんは、ドロッドロの土の上に家が建つと思いますか?



「建つわけねえだろ!!」


大正解☀️みなさんは賢いです。



しかしながら、受験生の大半は、どろっどろの土の上に家を建てようとしています。



例えば、中学の範囲がわからない学生が、高校の授業を効率的に身につけられると思いますか?


大抵の受験生は、原理原則(土の固め方)がわかってないのに、応用(家)を身につけようとしています。

当社が成績を上げることが簡単だと言っている理由は、この土の固め方から、家の骨組みの作り方、建て方までをノンストップで知っているからです🙂



みなさんの学校にも、「この先生の授業はオモシロイ」と思う先生、少なからずいませんか?あるいはいませんでしたか?



授業が面白い先生は少なからず、各科目、各単元の「原理原則」を理解しているため、なぜ〇〇が起きるのかを生徒に理解させながら進めることができるのです💡






みなさんは引き金を操作する側でしょうか?✌️

0回の閲覧