12/22 講演会大盛況!!!

執筆者:木内


こんばんは!昨日は代表佐々木による講演会でした☆


定員オーバーで、昼の部と夜の部に分けて開催しましたが、大盛況のうちに終了しました。


今回、代表がたびたびキーワードとして「SNOW BALL」を挙げていました。


このSNOW BALLは雪だるまという意味ですが、彼はこの言葉を、

「周りがまだ気づいていない段階で自己投資をすることで、小さな雪だるまは、少しずつ周りの雪をまとい、いずれ大きな雪だるまになる」

という意味だと語りました。


卒業後、海外で痛感した「日本の人材育成」の危機感。

「早く気付けばよかった」


こうなる前に、若い段階、つまり中学、高校から将来の自分に対する投資の重要性に触れました。

また、彼の世の中の「学習塾」に対する価値観も述べました。


「北見は、中学生には直接指導。高校生には、ビデオ指導なことを不思議に思いませんか?」


確かに、大学受験を教えることができる学力のある先生が北見にいれば、ビデオに頼る必要などないはず。


また、彼は卒業後の海外経験を経て、自分の頭で考えて生産する人間を育てることが急務だと気づきます。


「大手塾は時代遅れ。」

「彼らは“与える”指導しかしないし、人材育成=啓蒙と考えている」


日本人は、いつの日にか自分の頭で考えなくなり、相手の話を聞く態度が身についてしまう。


「生徒さんに自分の頭で考えさせる実践的かつ、多角的に物事を見る視点を身につけさせる指導こそが、今、AIが強大化する中で必要。将来を予想しながら、クリエイティビティを養うことが、ロボットに埋もれない唯一の方法。」


とても勉強になりました。




51回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月ベネッセ高2模試 速報 控えめに見ても調子良い😼

先日、10月実施の高2ベネッセ模試が実施されました! まだ全員分を集計できていないのですが、 今回もサプライズが多く、特に良かったのは、英語で、前回57(全国平均少し上)あたりの偏差値(成績)を取った生徒さんたちは1人も例外なく64(北大等、旧帝国大学合格可能レベル)を超える好成績を残しました。 前回の7月実施の高2の成績が正直そこまで評価できるものではなく、そこから修正を加え、準備できた結果だと

高2ベネッセ模試の速報で波乱

まだ全員分は集めきれていませんが、、、 高2のベネッセ模試が返って来たので、報告します^^ 今回は英語で、一番下のクラスが上のクラスの生徒さんたちを抜いて偏差値70近く(北大余裕レベル)で、1位になるという出来事があり、驚きました!(◎_◎;) 全体成績で言うと、難関大の最低限のレベルである偏差値60前後あたりまで持って行く生徒さんが5割超を占めていて、だいぶ成績が伸びてるな〜という印象です☆ た